社労士勉強方法3月

講義DVD・基本テキスト・過去問を使って、実践に対応できる知識を“効率よく”勉強していきます。

試験5ヶ月前となる3月は、労基・労衛・労災・雇用・徴収の5科目に注力します。

※全体のスケジュールや勉強時間などは、こちら(6ヶ月で社労士合格を目指せるスケジュール)で確認してください。

 

 




スポンサーリンク


3月の勉強科目

3月は、全部で5科目の勉強をします。

・労働基準法
・労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・徴収法

 

全10科目ある中で、半分を1ヶ月で勉強します。

 

勉強で使う教材

勉強で使う教材は次の3つです。

・講義メディア(DVD・WEB)
・基本テキスト
・過去問

 

勉強の流れ ※重要

講義メディア → 基本テキスト → 過去問

この順番で勉強を進めていきます。

この流れを1ルーティーンとして、必ず1科目ずつやります。

 

つまり、

労働基準法の講義メディアを見て、労働基準法の基本テキストを読んでから、労働基準法の過去問をやります。

それから次の労働安全衛生法に移ります。

 

なので、

5科目全ての講義メディアを見て、5科目全ての基本テキスト読んでから、5科目全ての過去問をやる、というルーティーンおススメしません。

5科目とはいえ、とにかく出題範囲が広いので、1科目ずつ確実に知識を付けていくためです。

Point!
講義メディア → 基本テキスト → 過去問のルーティーンを1科目ずつ

 

 

まずは講義メディア(DVD WEB)を見る

講義DVD

講義メディア・基本テキスト・過去問を使って勉強を進めていきますが、まずやるべき教材は講義メディアです。

DVDやWEBなどの利用方法があります。

講義メディアを目で見て聞きます。

プロ講師の授業を受けるわけですね。

プロ講師なので、間違った知識を教えることはありません。

また、難しい言葉の読み方なども正確に覚えることができます。

基本テキストからはじめてしまうと、チンプンカンプンで意味が分からなかったり、間違った認識で知識を覚えてしまう恐れがあるので、やや危険です。

必ず最初は講義メディアからスタートしましょう。

 

ちなみに…これは私が実際にやった方法です。

私の場合は仕事があったので、講義DVDのデータをスマホに取り入れて、通勤時間や仕事の休憩時間に必ず見ていました。

この方法ならいつでも見れるので、かなりおススメです。

また、近年はマルチデバイス対応でスマホ・タブレット・PCなど、いつでもどこでも見れる環境が整ってきています。

自宅でダウンロードでき、データ通信量を気にせず使えるところもあります。

Point!
最初は必ず講義メディアで正確な知識を学ぶ

講義メディアのDVDやWEBはスマホに取り入れたり、ダウンロードしておく

 

基本テキストを読む

講義メディアを見たら、基本テキストに入ります。

入門編テキストとは違い、基本テキストはしっかりと読んでいきます。

※法律の条文、解説、通達、法令なども確認

細かい数字やワードも、この段階から覚える気持ちで読みます。

既に講義を見ているので、イチから基本テキストを読むのに比べ、読めるスピードや理解が早いはずです。

講義を先に見ることで、読解力やスピードが上がり、効率よく勉強を進めていけます。

講義メディアを先に見るのは、このためでもあります。

Point!
講義を先に見ているので、テキストの読解力やスピードが早い

 

 

過去問をやる

講義メディア・基本テキストができたら、過去問に取り掛かります。

私がオススメするTAC出版の過去問題集であれば、各科目別に分かれているので勉強しやすいです。

労働基準法を勉強したなら、労働基準法の過去問(TACなら10年分)を一回全部やります。

このとき、正解したら〇、間違えたら×など、各問題ごとに印をつけると効果的です。※苦手対策

また、TACの過去問は解説もあるので、併せて読んでおくと何故この問題が〇なのか、×なのかが理解できます。

10年分とはいえ、膨大な量ではないので1,2日でできると思います。

TACであれば、択一式の後に選択式問題もあります。

選択式の過去問まで全てやります。

Point!
過去問の解答の解説を読むことも勉強になる

 

TACの過去問は以下でチェックできます。

 

 

やっておきたいテクニック

テクニック

基本的には上記で解説した流れで勉強をしていきます。

ただ、もしできるのであればやっておいた方が良いテクニックがあります。

それは、過去問に出題された箇所(解答ワードなど)を、基本テキストで見つけて赤線を引いたりしてマーカーを引いたりして、チェックしておくことです。

これをすることで、基本テキストを読み返すときに注力してその箇所を覚えることができます。

 

社労士試験は出題範囲が広いので、どこが過去問に出題されたのか覚えるのは難しいです。

そこで、このように過去問で問題になった箇所をチェックしておけば、読み返した時に忘れず確認することができます。

私もこれをやりましたが、やや時間がかかります。

ただし効果はあります。

絶対やるべきこと、、、というか、やっておいた方が効率よく勉強できるというテクニックです。

まぁ多分、1ヶ月の間に5科目くらいは余裕でできると思うので、空いた時間を利用してぜひやってみてください。

Point!
過去問で問題になった箇所を、基本テキストにチェックを入れる(ラインやマーカーなど)

 

 

3月の勉強内容 まとめ

◆勉強科目は5科目

(労働・労衛・労災・雇用・徴収)

1.講義メディアを見る
2.基本テキストを読む
3.過去問をやる

このルーティーンを必ず1科目ずつやる!

過去問の出題箇所はテキストにチェックを入れる!

DVDやWEBはスマホに取り入れたりダウンロードして、いつでも見れる環境にする!

 

5科目の講義メディア・テキスト・過去問を一周できればOKです。

次は、試験4ヶ月前である4月の勉強方法です。

 

 

スポンサードリンク