社労士勉強方法2月

本格的に勉強をスタートします。

まずは、試験6ヶ月前である2月の勉強方法から。

私の場合、2月後半から勉強をスタートしたので、2月自体はあまり勉強期間はありませんでした。

多分、2月で勉強できたのは、準備も含めて10日間ほどだったと思います。

では2月の具体的な勉強方法を解説していきます。

※全体のスケジュールや勉強時間などは、こちら(6ヶ月で社労士合格を目指せるスケジュール)で確認してください。

 

 




スポンサーリンク


試験勉強の準備をする

すでに、準備編の各記事で詳しく紹介しています。

 

おさらいしておくと、

・入門編テキスト
・基本テキスト
・過去問題集
・講義メディア(DVD・WEB)

といった教材が必要です。

更に分冊やマーキングを進めておきましょう。

教材はこの時点で全て揃わなくても、

入門編テキストや基本テキストだけは2月で使うので入手しておいてください。

また、実は準備だけでも少しばかり勉強になっています。

そのことはこちらの記事で解説しました。

 

入門編テキストを3回こなす

読書

いよいよ本格的な勉強が始まります。

とはいっても、いきなり基本テキストから入るのはNGです。

社労士試験のテキストは様々な出版社が出していますが、有り難いことに「入門編テキスト」というものが、大抵の出版社が出しています。

この入門編テキストから勉強を始めます。

 

入門編テキストは、およそ300ページくらいの量だと思います。

しかも書いてある言葉は、基本テキストに比べて理解しやすいようになっているはずです。

頑張ったら一日で全て読める量ですが、あまり無理せず2日ほどかけて一回読み終えます。

この入門編テキストですが、できれば繰り返し3回は読みます。

 ※私の場合、入門編テキストが面白かったので、4回読みました。


ちなみに私が使ったテキストはうかる社労士です。参考にしてみてください。

 

 

入門編テキストを読むときの注意点

で、この入門編テキストを読むときの注意点ですが、

具体的な用語や数字は、現段階で覚えなくてOKです。

 

かといって適当に読むはダメですが…

普通に、気合を入れず、小説を読む感覚で、普通ーーーーに読みましょう。

気合いを入れたら疲れますし、進みません。

時間に余裕があれば良いですが、6ヶ月で社労士合格を目指すので、サクサクいきましょう。

入門編テキストを読み返す意図は、

◆全体の流れを知る

◆法律の概要や法律の本質を知る

 

このために読みます。

法律の本質とは、この法律はこういった意味がある、ということです。

法律の本質を知らずして勉強に入るわけにはいかないので、きちんと概要や意図を確認します。

 

3回も読めば、全体の流れや法律の意図が理解できるはずです。

入門編テキストだけを見ると、

「なんだ、結構簡単じゃないか!」

っと思うかもしれません。

でも、基本テキストになると、ボリュームアップでより細かい知識が必要になりますよー

 

2月の勉強内容 まとめ

さて、2月はこれでOKです。

まとめると、

◆社労士試験の勉強に向けての準備

・教材を揃える
・分冊する
・マーキングする

◆入門編テキストを読む

・3回繰り返す

といった感じです。

 

次回は試験5ヶ月前の、3月の勉強方法を詳しく解説します。

5ヶ月前から、基本テキストで5科目(労基・労衛・労災・雇用・徴収)の勉強に入っていきます。

 

 

スポンサードリンク