難関資格である社会保険労務士の資格 法律の勉強をしたことがないアパレル販売員が、たった6ヶ月で合格ラインまで伸ばせたコツや体験談を紹介
記事

準備

⑧準備完了!すでに勉強はできている <6ヶ月で社労士試験に合格 準備>

やっと6ヶ月で社労士試験に合格するための準備が整いました。今から勉強を始めるぞ!っと思うかもしれませんが、実はもうちょっとばかり勉強ができています。テキストを選んだり、講義メディアを見たり、分冊したり、マーキングをすることで自然と学習できていることがあります。

準備完了

⑦基本テキストにマーカーを引く <6ヶ月で社労士試験に合格 準備>

社労士試験の基本テキストの分冊が完了しいよいよ最後の準備「マーキング」をします。基本テキストの文章にマーカーを引いていきます。1,000ページ近くあるので少し大変ですが勉強を効率よく進めるためにもぜひやっておいた方が良いです。後々に必ず読みやすさの点で効果が出てくるので時間をかけてでも完成させましょう。

マーキング

⑥基本テキストを分冊する方法・流れ <6ヶ月で社労士試験に合格 準備>

社労士試験のテキストを分冊する方法や流れについて詳しく解説していきます。基本テキストを切り取って科目別にファイリングをしていきます。社労士勉強を進める上でこの分冊が非常に重要です。分厚い本などボリュームが多い知識を勉強するときに使うテクニックなので少し手間ですがぜひやってください。勉強のやり易さが全然違います。

分冊

⑤講義メディア(WEB・DVD)が効果的な理由と選び方 <6ヶ月で社労士試験に合格 準備>

社労士試験の教材準備で最も重要なのが、講義メディアです。6ヶ月で合格レベルまで成長できた理由はこの講義メディアにあります。勉強時間の多くはこの講義メディアを活用しました。スマホでいつでもどこでも学習できます。6ヶ月で社労士試験を合格ラインまで伸ばせる最強の教材です。

④問題集は過去問だけで十分!選び方 <6ヶ月で社労士試験に合格 準備>

社労士試験対策の準備する教材として過去問題集を用意します。予想問題やトレーニング問題、練習問題などもありますが、私は使ったことがありません。私が使った問題集は過去問だけです!出題実績のある過去問に注力するほうがよっぽど効果的だと思います。社労士試験では過去問で同じ内容の問題が出るケースが多いです。

問題集

③テキスト選びの方法やコツ <6ヶ月で社労士試験に合格 準備>

ここでは、社労士試験の勉強の柱となるテキスト選びの方法やコツを紹介しています。テキスト選びは非常に重要です。最初の選択なのでしっかり自分に合ったものを選びましょう。ポイントは・比較する・配色、文字の大きさ、行間・出版社を合わす・面白そうラクそう

②分冊の準備をする <6ヶ月で社労士試験に合格 準備>

社労士試験の教材の準備と一緒にしなければならないのが、”分冊”の準備です。分冊とは、「一つの書物を何冊かに分けること」を言います。これから社労士勉強を進めていくわけですが、この分冊が非常に重要です。1,000ページもある基本テキストを分冊することで、持ち運び便利!各法律の勉強がしやすい!見つけやすい管理しやすいなどメリットがあります。

分冊

①まずは勉強に必要な”教材”を準備する <6ヶ月で社労士試験に合格 準備>

具体的にどのように社労士の勉強を進めていけば6ヶ月で合格ラインを目指せるのか…ここでは勉強を始めるにあたって準備すべきものを紹介していきます。当然ですが”教材”が必要です。費用も含め、オススメの教材などを紹介。・入門編テキスト・基本テキスト(約1,000ページある分厚い本)・過去問題集・講義メディア

教材

法改正情報

キャンペーン情報

社労士通信講座の割引情報

 

社労士通信講座をお得に受講できる最新の割引キャンペーン情報

 

各割引情報まとめはこちら

6ヶ月で社労士合格法

6ヶ月で社労士合格 まずは準備から

6ヶ月で社労士合格 具体的な勉強方法

社労士通信講座を徹底レビュー

オススメ通信講座

ランキング1フォーサイト
      ・初めての社労士試験にオススメ
      ・安価で記憶に残る講義が特徴的

 

ランキング2アガルートアカデミー
      ・社労士受験界で有名な大河内講師
      ・9万円オフ!全額返金制度も

 

ランキング3クレアール
      ・最低限の基礎知識を習得!
      ・割引制度充実

おすすめコンテンツ

社労士試験の概要

       最低限知っておくべき試験のこと

 

6ヶ月合格スケジュール

       各月の勉強内容

 

合格に必要な教材

       4種の教材を準備!

PAGETOP