社労士勉強方法8月

いよいよ最終月、試験月の8月です。

最後の追い込みのため、少しだけ勉強時間を増やしましょう。

また。勉強科目は全10科目+法改正・白書ですが、苦手部分を集中的に勉強するなど、やり方を工夫していきます。

※全体のスケジュールや勉強時間などは、こちら(6ヶ月で社労士合格を目指せるスケジュール)で確認してください。

 

 




スポンサーリンク


8月の勉強科目

当然ですが、8月は全10科目+法改正・白書です。

・労働基準法
・労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・徴収法・健康保険法
・国民年金法
・厚生年金保険法
・労務管理その他労働に関する一般常識
・社会保険に関する一般常識

+法改正・白書対策

 

勉強で使う教材

・講義メディア(DVD WEB)
・基本テキスト
・過去問
・法改正・白書対策のテキスト

 

 

勉強時間について

時間の使い方

8月は試験当月です。

最後の追い込みを掛けるため、この月だけでも勉強時間を少し増やしましょう。

とはいえ、寝る間を割いてでも勉強する!はNGです。

脳が疲れて逆効果になるので、いつもより+1時間、休日もちょっとだけ勉強する、など、無理しない程度にしましょう。

試験直前に勉強した知識は記憶に残りやすいです☆

 

さて、8月はどんな感じで勉強するのか…

大きく3点あります。

 

苦手分野を重視してサラッと10科目

勉強

講義メディア → 基本テキスト

これを1科目ずつやっていきます。

「あれ?過去問は?」

もちろんやります!でも、過去問だけやり方を変えます。※次に解説しています。

 

注力ポイントがあります。

それは、7月でチェックしてきた苦手部分です。

10科目全てやりますが、

 既に理解できている部分は流す感じで…

 苦手な部分は集中的にやるといった感じで…

メリハリを付けます!

 

理解できている部分も、最終確認という意識で一応チェックします。

苦手な部分はしっかりと時間を掛けて、何度も確認します。

 

例えば…

“講義メディアは、理解できている部分は2倍速で…苦手な部分はゆっくり再生で…”

“基本テキストは、理解できている部分は速読、苦手部分は何度も読み返す…”

といった感じです。

こうすることで、かなり早い時間で10科目の勉強ができます。

 

苦手部分を残すと試験合格が難しくなるので、不安な部分を無くすという意識で取り組みましょう。

そして、過去問については、今までとやり方を変えます。

Point!

講義メディア → 基本テキスト のルーティーンで10科目勉強する

苦手部分は集中的に勉強する

 

 

過去問を使った実践練習

過去問

過去問題集を使って、実際の時間配分で回答していきます。

つまり、模擬試験の要領です。

1日1回、1年分の回答を行い、合計で10年分を練習します。

(今日は令和元年度の問題、明日は平成30年度の問題など)

きちんと採点も行い、平均的な合格ラインに達しているか確認します。

 

実はこれ、かなり効果的です。

 

まず、試験時間に間に合うのか…という確認ができます。

そして、今までなら1教科ずつやってきましたが、8月では1回で全10科目やるので、しっかりと知識を覚えているのか、という、全体的な知識の確認ができます。

過去問は何度もやっているはずなので、この時点で合格基準に満たない科目が偏っていたら要注意です。

Point!

過去問は1回で全10科目(年度別)を繰り返す

本番と同じ時間で行い、苦手科目が偏っていないか確認する

 

 

法改正・白書対策

忘れてはいけない、法改正と白書対策もやります。

法改正・白書対策は7月と同じで、基本テキストとは別のテキスト(法改正・白書に特化したテキスト)で勉強します。

おすすめのテキストはTACの「無敵の社労士 完全無欠の直前対策

 

あまり深く掘り下げず、テキストで太字になっている部分をしっかりと覚えたり、数字や上下増減に気を付けてチェックしていきます。

また、できるだけ繰り返すことが大事です。

細かい数字は長期的に記憶するのが難しいので、記憶に残りやすい試験直前まで対策を続けましょう。

Point!
深く掘り下げ過ぎず、できるだけ繰り返し勉強する

 

 

試験本番

社労士試験の概要

前日までは、苦手対策、過去問模擬試験、法改正・白書対策は続けてください。

そして試験当日です。

直前まではテキストなどで勉強をします。

 

ここで注意点!!!

講義メディアは長いので、試験直前に向いていません。

テキストが良いですが、持っていくものは絞ります。

気合いを入れて多く持って行っても勉強できないからです。というか重たいだけです。。。

私は、法改正・白書対策のテキストだけ持っていって、試験直前まで重要な用語や数字を確認していました。

実際、この1冊だけでも全部読みきれません。

なので、極端な話、テキストや自分でまとめたノートなど、何か1冊で良いと思います。

 

そして試験本番…頑張ってください☆

 

8月まとめ

◆苦手科目に重視してサラッと10科目

講義メディア → 基本テキスト のルーティーンで10科目勉強します。※過去問は別でやります。

苦手部分を集中的に勉強して、余裕なところはサラッと流します。

 

◆過去問を使った実践練習

1回で全10科目(年度別)を繰り返します。

※つまり、全部で10回分の模擬試験を受けてことになる

本番と同じ時間で行い、苦手科目が偏っていないか確認します。

 

◆法改正・白書対策

あまり深く掘り下げず、できるだけ繰り返し読みます。

最大、最小の数字や、上下増減に注力します。

 

◆試験当日は何か1冊だけ持っていく

気合を入れて色々持って行っても荷物になるだけ…

お気に入りの1冊を!

 

以上、勉強を始めた2月後半から8月まで、6ヶ月間の流れを解説してきました。

また別記事で細かい勉強のコツなども紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク