スケジュール

社労士試験は、毎年1回、8月の第4日曜に行われます。

6ヶ月で社労士試験に合格するためのスケジュールを紹介しておきます。

今回ご紹介するのは、実際に私がやった内容です。

主な流れを掴んでいただき、遅れをとらないように自分のペースで進めらるのがベストです。

具体的な回数などは目安にしてみてください。

私の場合、2月後半から勉強をスタートしました。

 




スポンサーリンク


2月後半

◆社労士試験の勉強に向けての準備

・教材を揃える
・分冊する
・マーキングする

◆入門編テキストを読む

・2,3回繰り返す

 

※2月中に入門編テキストは数回読んでおきます。

 

3月の勉強内容

◆勉強科目は5科目

(労働・労衛・労災・雇用・徴収)

・基本テキストを読む
・講義DVDを見る
・過去問

 

DVDはスマホに取り入れて、通勤時間や仕事の休憩時間は必ず見ていました。

3月中に、5科目のテキスト、講義DVDを一通り終えておきます。

(テキスト、DVD、過去問を一周できればOK)

 

【勉強時間について】

・朝出勤前 1時間
・出勤時間 1時間
・休憩時間 1時間
・帰宅時間 1時間
 +疲れてなかったら帰って1時間

といった感じです。

なので、1日大体4~5時間程度です。

もちろん、ハメを外して休日は思いっきり遊ぶ日もありました。(月4,5日は一切勉強をしない)

このペースは7月まで同じ、8月は試験当月なので少し増やします。

 

4月の勉強内容

◆勉強科目は5科目

(健康・国年・厚年・労一・社一)

・基本テキストを読む
・講義DVDを見る
・過去問

 

DVDはスマホに取り入れて、通勤時間や仕事の休憩時間は必ず見ていました。

3月の5科目よりややボリュームがあるので、ややペースを上げて勉強します。

4月中に、5科目のテキスト、講義DVDを一通り終えておきます。

(テキスト、DVD、過去問を一周できればOK)

 

【社労士試験の申し込み】 ※重要

(4月下旬頃から5月末までが期限)

これ、、意外と毎年忘れる人がいてるみたいです!

忘れたら当然試験を受けられないので、絶対に覚えておいてください。

 

5月の勉強内容

◆科目は10科目を目指す

勉強のスピードを上げます。

・テキストを読む
・講義DVDを見る
・過去問

 

10科目できなければ6月と合わせて二周できればOKです。

勉強時間のスピードを上げるため、DVDを倍速再生などして工夫しました。

 

6月の勉強内容

◆勉強科目は10科目

勉強のスピードを上げます。

・テキストを読む
・講義DVDを見る
・過去問

5月、6月と合わせて二周できればOKです。

 

【法改正・白書対策のテキストを準備】

最新の改正情報や白書対策を行うために、この時期に出版される対策テキストを準備します。

推奨するのが、TAC出版の無敵の社労士 完全無欠の直前対策です。

※毎年6月下旬に最新のものが販売開始されています。

 

7月の勉強内容

◆勉強科目は10科目

・テキストを読む
・講義DVDを見る
・過去問

◆法改正・白書対策

◆模擬試験

 

7月も全科目一周の勉強をしますが、この一周で苦手な部分をチェックしながら勉強を進める

 

【法改正・白書テキストにも触れる

これまでの10科目勉強に加え、法改正・白書対策のテキストの勉強も始めます。

法改正・白書対策は1割程度の力で勉強する

※力を入れすぎると基本テキストの知識が曖昧になったりすので…

 

【模擬試験を受ける】

毎年7月になると、資格学校や講座を行っているところで模擬試験を実施しています。

どこでも良いので、1度模擬試験を受験しておくと良いです。

試験本番の時間で行われるので、回答していくペースを確かめられます。

私の場合はWEB模擬試験を受けました。

 

8月の勉強内容

◆勉強科目は10科目

過去問で実践練習

 

勉強時間を少しだけ増やしてください。

最後の追い込みです。

 

【苦手対策】

7月で発見した苦手部分の勉強を集中的に行います。

 

【サラッと10科目】

基本テキストは速読のようにスピードを上げて読みます。

講義DVDはより倍速にして見ます。

 

【過去問を使った実践練習】

過去問題集を使って、実際の時間配分で回答していきます。

模擬試験の要領です。

1日1回、1年分の回答を行い、合計で10年分を練習

(今日は平成25年の問題、明日は平成26年の問題など)

これ、かなり効果的です。

合格基準に満たない科目が偏っていたら要注意!

 

試験本番 ファイト~!!

 

実際やってみて…

感想

ざっくりですが、こんな感じのスケジュールです。

寝る間も惜しんで勉強した!という感覚は一切なかったです。

通勤や休憩などの時間を上手く活用すれば、仕事をしながらでも4,5時間の勉強は十分できました。

特に私は通勤時間が長かったので、電車で集中的に勉強できたのが大きかったのかもしれません。

また、月に4,5日は全く勉強しない日もつくって、思いっきり遊んでました。

私でもできたので、このスケジュール感であれば大抵の方はできると思います。

 

仕事の内容や通勤時間は個人差があると思いますが、

私はこの6ヶ月のスケジュールで合格ラインまで知識を上げることができました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

次回は勉強時間について詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク