問題集

準備する教材として、過去問題集を用意します。

実は、書店で売っている社労士の問題集は、過去問題だけではありません。

予想問題やトレーニング問題、練習問題などもあります。

名称も種類も様々…

これも買った方が良いのか?と疑問に感じますが、私は使ったことがありません。

私が使った問題集は、「過去問」のみです!

 




スポンサーリンク


予想問題・練習問題が不要な理由

不要

予想問題や練習問題は買っても良いです。

買っても良いですが…私は必要ないと思います。

実際、予想問題などは一切使ったことはありません。

ただ、勉強時間が十分確保できるのであればやってもいいと思いますが、

6ヶ月という短い期間で社労士合格を目指すので、私の勉強では出番がありませんでした。

 

書店だけでなく、通信講座にも様々な問題集が揃っています。

最初は私も、

 どの練習問題を買おうか…

 どの予想問題を買おうか…

 どの過去問題集を買おうか…

結構悩みました。

 

でも、ここで気付いたことがあります。

練習問題とか予想問題って、出題されるのか??

そうなんです!

練習問題実践とは全く違った優しい問題が多い、しかもあくまで予想

予想問題出るであろうという”予想”された問題 誰が作った?出題されるのか?

過去問題実際に出題実績がある!

 

予想問題は、あくまで”予想”です。

それなら出題実績のある過去問に注力するほうが、よっぽど効果的だと思います。

過去問の中には、同じ内容の問題が出るケースも多いです。

予想問題より過去問をこなすほうが、正解できる問題の出題率が高いということです。

予想問題はダメというわけではないのですが、6ヶ月で合格を目指すのであれば、できるだけ効率よく勉強を進める必要があります。

というわけで、私が実際にやった勉強では、過去問のみでOKということです。

 

模擬試験は効果的

強いて言うなら、試験直前に行われる模擬試験は効果的です。

これは本番と同様の問題数、時間で行われるので、ぶっつけ本番より一度試験の感じを掴むことができます。

模擬試験もあくまで予想問題がでますが、解答ペースや時間の使い方など、得点以外に得られるスキルを身に付けることができます。

 

最低でも過去5年分

過去問といっても、本がたくさん…またまたどれにしようか迷います。

そこで目安となるのが、

過去何年分の問題が掲載されているのか!

というポイントです。

 

社労士試験の講師の方の話を聞いてみると、最低でも過去5年分が良いとのこと!

正直、過去3年だと物足りないです…(4,5年前の問題が出るかもしれない)

私の場合、問題集は過去問を集中的にやっていくので、過去10年分が入っている問題集を買いました。

5年でも良いかなと思いましたが、10年だともっと安心です。


私が実際に使ったのは、
TACの過去問題集です。

全部で4冊あります。

1冊1,300円ほど × 4冊で、合計5,000円くらいです。

 

ちなみに1冊あたり、結構重たいです。

買って帰るのであれば体力があるときや車で買いに行くほうがいいです。

もしくはネットでも買えるので、Amazonや楽天などで注文しても良いと思います。

テキストと違って内容は決まってますし…何より重たい問題集を運んでくれますしね。

 

あと、TACの問題集について、試験直前の毎年6月頃に、法改正対策のものが出版されます。

販売は試験2ヶ月前ですが、効率よく改正ポイントを抑えられるのでオススメです。

法改正の詳しい対策はまた後日…

 

次は講義DVDのついて詳しく解説します。

【6ヶ月で社労士合格ラインの方法】

次の記事 >⑤講義DVDが効果的な理由と選び方

前の記事 >③テキスト選びの方法やコツ

準備編の記事一覧

勉強方法の記事一覧

 

スポンサードリンク