社労士勉強方法7月

勉強は、試験1ヶ月前の7月に入ります。

さて、ここからが勝負ですね。

DVD・テキスト・過去問といったルーティーンは続けていき、皆さんが頭を抱える白書対策もやっていきます。

また、試験に慣れるため、模擬試験を受験しておくと良いでしょう。

※全体のスケジュールや勉強時間などは、こちら(6ヶ月で社労士合格を目指せるスケジュール)で確認してください。

 

 




スポンサーリンク


7月の勉強科目

7月は、全10科目の勉強をします。

・労働基準法
・労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・徴収法・健康保険法
・国民年金法
・厚生年金保険法
・労務管理その他労働に関する一般常識
・社会保険に関する一般常識

更に、本格的に法改正や白書の勉強を進めていきます。

+法改正・白書対策

 

勉強で使う教材

今までの教材に加え、6月で準備した法改正・白書対策のテキストを準備します。

・講義DVD
・基本テキスト
・過去問
・法改正・白書対策のテキスト

 

 

基本的な勉強は3つのポイントを重視する

勉強は10科目1周を目指します。

講義DVD → 基本テキスト → 過去問

 

必ず1科目ずつやります。

ただし、これまでとは違い、7月は重要なポイントが3点あります。

それを一つずつ解説します。

 

①スピードアップ

まず、スピードアップを意識します。これは前回からやっていることですが、継続します。

方法は前回から解説している講義DVDの倍速再生テキストの速読です。

また、過去問はすでに何度かやってきているはずです。

絶対に間違えない問題は、時間の無駄なのでやらなくてOKです。

 

②苦手チェック ※重要

続いて2点目が、

苦手箇所をチェックします。

ここ…重要です。

・基本テキストで苦手だと感じるところ、

・過去問で何度も間違えてしまうところ、

こういった箇所が誰でもあると思います。

そこで、7月の1周で必ず、苦手箇所を分かるようにチェックしておきます。

私の場合は付箋を貼りました。

8月に、苦手箇所の勉強を集中的にやるので、忘れずに行います。

 

③法改正に注力

そして3点目、

6月に法改正の訂正が済んでいるはずなので、基本テキストを読む際は、特に注力して読んでください。

毎年、法改正は出題傾向が非常に高いです。

なので、かなり重要な部分になってきます。

 

Point!
講義DVD → 基本テキスト → 過去問のルーティーンを1科目ずつ

勉強スピードを上げる

苦手箇所をチェック ※重要

法改正部分は注力して読む

 

法改正対策

本格的に法改正や白書に関する勉強を進めていきます。

まずは法改正について…

先ほど、テキストを読む際は法改正に注力して読む…というポイントをお伝えしました。

出題傾向が高いので更に対策をとります。

 

6月で準備している「法改正や白書に特化したテキスト」です。

個人的に、TACの「無敵の社労士 完全無欠の直前対策」がおススメです。

 

こういったテキストを使うことで、法改正部分を集中的に勉強することができます。

基本テキストに加えて読む量が増えますが、スピードが上がってきていると思うので1回は読めると思います。

最低でも1回は読んでください。当然、何度も読み返しても良いです。

TACのテキストになりますが、テキストと併せて問題集も掲載されているので、やっておくと効果的です。

法改正対策なしでは試験合格できないので、避けて通れぬ道です。

 

Point!
法改正は出題傾向が高い

法改正対策に特化したテキストを、最低1回は読んで理解を深める

 

対策テキストはこちらで詳しくチェック

 

そもそも白書って何?

法改正対策と同時にやっていくのが、白書対策です。

そもそも白書って何なのか…

日本の省庁がが出している刊行物で、社会経済の実態や政府の施策の現状などを周知させるもの…現状分析や報告を中心とした公表資料…

など、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、社労士試験だと、いわゆる時事問題みたいな感じです。

 

白書対策のポイント

その白書ですが、とても…とても……範囲が広いです。

全て勉強…できなくはないですが、根本的な社労士試験の知識が疎かになってしまうので、基本的な部分だけ知っておけばOK!だと思います。

 

勉強方法は、法改正対策と同様に、白書に特化したテキストを使います。(6月に準備済みのはずです)

ちなみに先ほど紹介したTACの「無敵の社労士 完全無欠の直前対策」がおススメです。

膨大な白書のポイントを、分かりやすく絞って解説しています。

実際にこのテキストからいくつか出題されましたので、効果的かと思います。

 

細かい部分まで勉強する必要は無く、テキストで太字になっていたりする部分を中心に勉強しましょう。

また、統計データには注意が必要です。

それは、“数字”“上下増減”です。

各テーマで最も少ない・多いのは何なのか…に加え、

最大値・最小値はいくらなのか…

それらが以前より上がったのか、下がったのか…

という点は出題されやすいので、意識的に読むようにしましょう。

Point!

法改正・白書対策のテキストを準備する(TACの法改正・白書テキストがおススメ)

主要な用語はチェックしておく

統計データは”数字”や”上下増減”に注意

 

 

模擬試験を受ける

毎年7月になると、資格学校や講座を行っているところで模擬試験を実施しています。

どこでも良いので、1度模擬試験を受験しておくと良いです。

ちなみに得点はあまり気にしなくて良いです。

 模擬試験もあくまで予想問題に過ぎないので…

 私も全然合格ラインでは無かったですが、本番では合格ラインまで上げれたので…

 

得点より、時間の配分ができていたか…というポイントが重要です。

試験本番の時間で行われるので、回答していくペースを確かめることができます。

 

必須ではないですが、間に合わない!という事態を避けるためにも、受験しておくほうが安心です。

ちなみに私はWEB模擬試験を受けました。

 

7月の勉強内容 まとめ

◆勉強科目は全10科目

1.講義DVDを見る
2.基本テキストを読む
3.過去問をやる

勉強スピードを上げる(DVD倍速再生・速読など)

苦手箇所をチェックする ※重要

法改正部分は出題傾向が高いので要チェック

 

◆法改正対策

法改正と白書対策がまとめてある、TACのテキストがおススメ ※毎年6月下旬出版

出題傾向が高いので、最低でも1回以上は読み終えておく

 

◆白書対策

法改正と白書対策がまとめてある、TACのテキストがおススメ ※毎年6月下旬出版

(出題範囲が広いため、TACのようにポイントを絞っているテキストが良い)

主要な用語チェックと、統計データの”数字”や”上下増減”に気を付ける

 

◆模擬試験を受ける

得点より”時間”が大事

時間以内にすべて回答できるか…という、回答ペースを確認できる

 

10科目1周(必ず苦手チェック)、法改正・白書テキスト最低1回以上、できれば模擬試験を受けることができたらOKです。

白書対策などは1割程度の力で良いと思います。

あまり力を入れすぎると基本テキストの知識が曖昧になったりするので…

次回は、いよいよ試験当月である8月の勉強方法を紹介します。

 

 

スポンサードリンク