さて、コロナウイルスが気になるところですが、令和2年度の雇用保険料率が公表されています。

雇用保険料率は、雇用保険の科目で何度も論点にされているところです。

択一式でも、選択式でも空欄になった実績もありますので、必ず覚えておきましょう。

結論を言うと、昨年度と変わりはないので、すでに覚えている方はそのまま忘れないようにしましょう。

雇用保険率は、平成29年度~平成31年度まで、暫定的に各年度における基本となる率が引き下げられていました。

この引下げ状態が令和3年度まで継続されることになりました。

なので!(‘ω’)ノ

令和2年度は昨年の令和元年度と同じです。

・一般の事業   :  9/1000
・農林水産の事業 :11/1000
・清酒製造の事業 :11/1000
・建設の事業   :12/1000

令和元年度の確定保険料を計算!

令和2年度の概算保険料を計算!

となった場合も、同じ率を使えばOKです。

覚えやすく、択一式、選択式で論点になった場合も対応できそうですね(^^♪

スポンサードリンク