講義DVD

教材の準備で最も重要なのが、講義DVDです。

6ヶ月で合格レベルまで成長できた理由は、この講義DVDにあります。

実は勉強時間の多くは、このDVDを活用しました。

通勤時間はもちろん、仕事の休憩時間など、スマートフォンなどに入れておけばいつでも見れます。

たった6ヶ月で社労士試験を合格ラインまで伸ばせる極秘アイテムです☆

 




スポンサーリンク


なぜ講義DVDが重要なのか…

それは、記憶に残りやすいからです。

DVDの勉強法はかなり有効的で、何度も見て・聞くことで、知識の忘却を防ぎます。

社労士試験の出題範囲はものすごく広いです。

膨大な範囲の中から、どこから出題されるか分かりません。

全科目の知識をまんべんなく取り入れる必要があります。

弱点を作ってしまうと、1科目だけ点数が足りない!という事態になりかねません。

全体的に幅広く知識をつけることが、社労士試験では非常に重要となってきます。

 

CDよりDVD

聴覚・視覚

また、CD講義もありますが、断然DVDのほうが良いです。

CDよりDVDが良い理由は、

DVDは耳で聞くだけでなく、見ることができます。

つまり、CDは聴覚だけなのに対し、

DVDは、聴覚・視覚で知識をインプットすることができます。

 

聞くだけなのと、見ながら聞くのでは、どちらが記憶に残りやすいと思いますか?

後者であることは言うまでもありません。

私はこの講義DVDを勉強に取り入れることで、短期的に知識を記憶することができました。

 

講義DVDの選び方

チェックマーク2まずは資料請求から

講義DVDですが、テキスト選びと同様に、自分に合う、合わないがあると思います。

ですので、まずは有名な資格講座を出しているところから資料請求をするのがベストです。

私もユーキャン、TAC、フォーサイト、クレアールといった、社労士講座で有名なところに資料請求を行いました。

サンプルDVDがあれば分かりやすいですが、無いところもあります。

そういった場合は、サンプルのテキストは送られてくると思うのでそれを参考にするか、ネットで検索してみて動画があればそれをチェックしてみてください。

また、資料請求と同時に社労士試験の内容も分かるので、資料請求はおススメです。

 

チェックマーク2講師で選ぶ!

探す・選ぶ

そして、自分に合いそうな講師を見つけます。

そうです!

DVDは“講師”で選びます。

講義DVDの選択は、講師選びでもあります。


選ぶポイントは、

・声のトーン

・話し方

・講義のスピード

 

この3点に注目します。

当然個人差はありますが、私の場合はフォーサイトの加藤光大先生が一番良かったです。

頭に残る”声”が特徴的です。

 楽しそうに話してくれて、

 初心者でも理解しやすいように話してくれて、

 講義のスピードがそれほど早くない(比較的ゆっくり)

もう話を聞いて即決でしたね。

なんというか、本当に分かりやすくて、聞いているだけでポジティブになれる先生です。


また、フォーサイトは私が使っていた基本テキスト(うかる社労士)とも内容が見事にマッチしていたので、初心者の私でも知識をどんどん吸収することができました。


ちなみにフォーサイトの社労士講座はいくつか種類がありますが、私が利用したのはDVDコースです。

※いまでいう、バリューセット1ですね。

DVDと一緒にテキストもついてくるのですが、書店に売っている基本テキストのほうが自分に合っていたので、フォーサイトのテキストは一切使いませんでした。

合っていたというか…うかる社労士の基本テキストは試験に出そうな細かい部分まで載っていたので、直感的にこっちが良いと思ったからです。

 

DVDの価格について

価格

話は気になる価格へ…

講義DVDは基本的にDVD単品では販売していません。

参考書やサポートなどをセットで販売しているため、高いところでは20万円ぐらい掛かります。

これはさすがに高い…

逆に安すぎるDVDは怪しいのでおススメできません。

そこで、先ほど紹介したフォーサイトがおススメです!

単科講座だと講座DVDが55,000円で最新のものを手に入れることができます。

私にとっては講師も値段もピッタリ…


ネットで中古品も販売されていますが、過去のものは法律改正などで内容が最新の情報ではないです。

そこを注意してDVDを見れば良いですが、法律は毎年改正されるので、できば最新のDVDがおススメです。

私の場合はフォーサイトでしたが、自分に合った講師を見つけてみてください。

 

 

次回は、いよいよ基本テキストを分冊していきます。

 

スポンサードリンク