準備完了

さぁ、やっと6ヶ月で社労士試験に合格するための準備が整いました。

今から勉強を始めるぞ!

っと思うかもしれませんが、実はもう、ちょっとばかり勉強ができています。

「いやいや、何にも覚えてませんが??」

覚えていなくても、テキストに何回も触れたことで、自然と学習できていることがあります。

 




スポンサーリンク


テキスト・DVD選びで社労士知識に触れている

もうすでに勉強できている!?

これでじゃあ合格できる!?

いや、それはさすがに無理ッ。

勉強できていないようで、実は勉強になっていたんですよ!って話です。

 

テキストを選んだり、DVDを選んだりしているうちに、

自然とテキストに触れたり、講師から講義内容を聞いたりして、

社労士試験の知識を目で見たり耳にしています。

また、社労士試験の概要も詳しくなったはずです。

 

テキスト分冊で距離感を掴めた

テキストを分冊することで、各章のボリュームを自然と確認しています。

この章は分厚いな…

この章はちょっと少ないな…

みたいな感じで、これくらいのページ量を勉強するという確認がもうすでにできています。

 

この真っ暗なトンネル…いつ出口に出るんだろう…

ではなく、既に出口までの距離感を知っています。

 

距離感が分からなかったら勉強するのしんどいですよね?

でも大体のページ量が分かっていれば、取り組みやすくなるはずです。

どれくらいの学習が必要なのかを把握することも、勉強のひとつです。

 

マーキングですべての主要用語をチェックできた

基本テキストにマーカーを引きましたよね?

しっかり文章を読んでいなくても、見出しの言葉などを見ながらマーキングしたはずです。

少なくとも、社労士試験に出てくる言葉文字を確認したわけです。

しかも全ページ!

覚えている、覚えてないではなく、社労士試験に出てくる”言葉”に触れたり、慣れることでも十分な勉強です。

一通り目を通しているので、これから勉強するにあたって知識が少しでも入りやすくなっています。

 

つまり準備運動ができた!

準備運動

本格的な勉強に向けて、

教材の準備はもちろんですが、知識の準備運動も同時にできていました。

スポーツやるときも、まずはストレッチしますからね☆

途中から気付いていた方もいると思いますが、このように準備に時間をかけるメリットもあります。

既に勉強が始まっていたということをお忘れなく~!

 

では次回から、本格的な勉強方法を解説していきます。

と、その前に全体的なスケジュールを確認しましょう。

 

スポンサードリンク