マーキング

基本テキストの分冊が完了し、いよいよ最後の”準備”です。

マーキングをしていきます。

具体的には、基本テキストの文章にマーカーを引いていきます。

分冊同様、1,000ページ近くあるので大変ですが、勉強を効率よく進めるためにもぜひやっておいた方が良いです。

 




スポンサーリンク


マーキングする理由

社労士の基本テキストは、文字がかなり書いてあります。

そして各法律ごとに章が分かれており、

・総則
・各法条
・更に分類された見出し
・解説

といった感じで、テキストには見出しなどの構成があります。

そこまでボリュームが無いテキストであればあまり必要ありませんが、

社労士試験のように範囲が膨大で、1,000ページもあって、文字が多いとなると、

自分が今、どの部分のどこを勉強しているのか、さっぱりと分からなくなってきます。

 

例えば…

A年金という法律があって、

その中のB条があって、このB条の支給期間の解説があるかと思えば、

次にC条の支給期間を解説していたりします。

更にD条の支給期間が出てくることもあります。

 

社労士の勉強には同じような言葉が沢山出てきます。

これを繰り返されると、知識がごちゃごちゃになってきます。

 

そうなんです…

読んでいても迷子になってしまうんですね。

 

いやいや自分はそんなことならない!

 

っと思っていても、

これだけのページ量、ややこしい内容、同じような文言もあるので、読んでいるとどこの部分をいっているのか必ず分からなくなります。

 

そこで役立つのがマーキングです。

自分なりに色を決めて、各見出しにマーキングを行うことで、今読んでいるところがどこの構成の部分なのか、一目で分かるようになります。

最初は慣れないかもしれませんが、読み続けていくことで、自然と色の役割を判断できるようになってきます。

なので、マーキングする意味は、どこの部分を勉強しているのか迷わないためです。

 

マーキングなしのページと、マーキング有りページを比較してみてください。

マーキングの重要性が少しでもお分かりいただけるかと思います。

基本テキストをマーキング・比較

 

具体的なマーキングの方法・流れ

色の役割

チェックマーク2マーカーを準備する

マーカーは、蛍光マーカーを使用します。

色が5,6色セットになっているのがベストです。

100円ショップで5,6色セットで売っていますが、結構沢山ラインを引くのですぐ無くなるかもしれません。

ちなみにゼブラの蛍光ペンは結構長持ちしました。

その他、文房具ショップやネットでも販売しているので、以下を参考に探してみてください。

 

チェックマーク2色の役割を決める

5,6色ある中で、それぞれの役割を決めます。

3色あればいけると思いますが、テキストの構成に合わせてください。

例えば、

ピンクは大分類

黄色は中分類

オレンジは小分類

 

といった感じにします。

色は自由に決めて良いですが、できるだテキストの配色と混同しないように注意してください。

 

チェックマーク2マーカーを引く

では実際にマーカーを引いていきます。

私が実際に持っている基本テキストの例を参考にしてください。

基本テキストをマーキング

画像をもとに解説すると、

「労働条件の決定」が大分類

「労働条件の決定」「労働協約等」が中分類

「労働協約」「就業規則」が小分類

 

といった感じで、色分けしてマーキングしています。

最初はどこがどの分類なのか考えると思うのでゆっくりになりますが、マーキングしていくうちに素早く判断できるようになってきます。

テキストのデザインやクセを発見できます。

私のテキストだと、

〇で囲まれた数字の文章は大分類

□で囲まれた数字の文章は中分類

()で囲まれた数字の文章は小分類

となっているのが分かると思います。

非常に分かりやすいですね☆

こんな感じでテキストのデザインやクセをつかめたら、あとはスピードを上げてラインを引いていけます。

 

時間は掛かるが価値あるものに

この感じで、すべてのページにラインを引きます。

これも分冊と同様に、1日で完成させるのは大変です。

ただし、後々に必ず効果が出てくるので、時間をかけてでも完成させる価値は大いにあります。

何も手を加えていないテキストより、自分なり手を加えたテキストのほうが愛着がありますしね☆

 

さぁいよいよ勉強の開始です!

でも実は!もうすでに!少しばかり勉強はできています。

多分お気付きかと思いますが、そのワケは次の記事で!

 

スポンサードリンク