今年行われる、第52回(令和2年)社会保険労務士試験(社労士試験)の試験会場について、

新型コロナウイルスの影響により試験地の変更等が生じています。

労士試験センターの公式サイトで公示されており、その内容についてお知らせです。

 




スポンサーリンク


試験会場の変更・人数制限

現在も続く”新型コロナウイルス”の影響により、

本来試験会場として予定していたところが「使用不可」、各試験会場の感染予防を踏まえた収容人数の制限等が生じているようです。

これにより、「受験案内」にある試験地・試験会場一覧(P14ページ)の案内に基づき、試験地及び試験会場を変更又は追加の上、本試験が実施される予定です。

ですので、現時点では令和2年の社労士試験は実施される予定に変わりありません。

 

実際に試験を受ける試験地及び会場については、7月31日に発送された「受験票」に記載してお知らせしてくれます。

すでに届いていた方もいるかと思いますが、受験票が到着したら必ず会場の場所を確認しましょう。

希望していない会場が受験票に記載されていても間違いではありません。

会場変更が指定されていた場合は、知らない地域等、土地勘があまりない場所の可能性もあります。

会場までの行き方や所要時間を確認して、当日は絶対に遅刻しないようにしましょう。

繰り返しですが、試験会場の開場時刻は、当初9時30分でしたが、新型コロナウイルス感染防止対策として検温や手指消毒が実施されることもあり、

今年度は9時00分となっています。

また、当然ではありますが、社労士試験センターに対して、個々の受験者に係る試験地及び試験会場の変更や会場に関する照会はできません。

新型コロナウイルスを巡る状況の変化等に鑑み、社労士試験の実施方針や試験会場等に変更が生じた場合は、社労士試験センターの公式サイトでお知らせがあります。

日々、状況が変化しているので、今年度は特に公式サイトのチェックは欠かさないようにしましょう

 

スポンサードリンク