本記事はプロモーションを含みます

 

ここでは令和5年度(第55回)社労士試験について、フェニックスアカデミーの講評・予想合格ライン・予想救済科目等についてまとめています。

※正式な情報は2023年10月4日の合格発表をお待ちください。

 




スポンサーリンク


 フェニックスアカデミー 講評・予想合格ライン・救済科目

 全体的な講評

選択式、択一式ともに、難問も含まれていましたが、全体的に見ると、昨年と同等のレベルだったと分析、選択式・択一式ともに労働保険科目は難しいレベル、社会保険科目は易しいレベルでした。

 選択式試験について

選択式の問題については、総じて労働科目のほうが難しく、社会保険科目の方が易しめと言えます。ただ、社会保険科目でも国民年金法のように足元をすくわれそうな出題もありました。

 予想合格ライン

選択式の予想合格ラインは、26~27点と予想しています。

 救済科目

救済措置の可能性として、「労基労衛」「労働一般」「国民年金」を挙げています。

【労基安衛】確実に取れるのはA・D以外が難しかったため可能性あり

【労働一般】問題文1は難問、C・Eで2点取れるがそれ以外で1点取れるかがポイント

【国民年金】可能性は低いが、D・E以外の正答率が悪ければ可能性あり

 

 択一式試験について

択一式の問題についても、選択式と同様に総じて労働科目のほうが難しく、社会保険科目の方が易しめと言えます。

 予想合格ライン

択一式の予想合格ラインとしては、総合点で44~45点と予想しています。

 救済科目

救済科目はない可能性が高いと予想しています。

 

 まとめ

【選択式】

合格基準点:26~27点

救済科目

● 労基労衛 ▽
● 労働一般 〇
● 国民年金 ▽

【択一式】

合格基準点:44~45点

救済科目はなし予想

より詳しい講評は公式サイトへ↓↓

公式サイト

 

 

主な各予備校等の予想合格ライン・救済予想などは以下でまとめています↓

>【第55回社労士試験】各校の予想まとめ