第49回社労士試験結果

2017年8月27日(日)に行われた第49回社会保険労務士試験の結果が、同年11月10日に公表されました。

ここでは、試験結果の概要(合格者数や合格率)、合格基準点(救済も)を紹介しています。

詳しい情報は厚生労働省社労士試験のオフィシャルサイトでも確認できます。

 




スポンサーリンク


第49回社会保険労務士試験結果の概要

第49回社会保険労務士試験では、

受験者数 38,685人

合格者数   2,613

合格率     6.8%

という結果です。

前年と比べて、合格者数及び合格率はアップしています。

詳しい概要をまとめておきます。

第49回社労士試験結果概要

 

合格基準点・配点・正答

基準点・配点

合格基準

次の2つの条件を満たした者が合格

①選択式試験は、総得点24点以上かつ各科目3点以上(ただし、雇用保険法及び健康保険法は2点以上

②択一式試験は、総得点45点以上かつ各科目4点以上(ただし、厚生年金保険法は3点以上

 

配点

①選択式試験は、各問1点とし、1科目5点満点 合計40点満点

②択一式試験は、各問1点とし、1科目10点満点 合計70点満点

 

試験問題の正答

第49回社労士試験の結果

(出典:社会保険労務士試験オフィシャルサイト

 

合格者の年齢・職業・男女比

合格者の年齢

第49回社労士試験の結果・年代別

20代が10%、30代が30%、40代が32%、50代が20%、60代以上が9%という結果です。

30~40代のミドル層が多い傾向です。

 

合格者の職業

第49回社労士試験の結果・職種別

会社員が圧倒的に多いです。

中には学生の合格者もいます。(0.4%)

 

合格者の性別

第49回社労士試験の結果・性別

 

合格結果からの意見

昨年度第48回社労士試験と比べると、申込者数・受験者数が減少したものの、合格者と合格率が大幅にアップしています。

昨年が非常に難易度が高かったので、今年は上げてくるのは予想通りでしたが、特に合格者数は昨年のほぼ倍近くです。

以上、2017年度 第49回 社会保険労務士試験の結果発表でした。

 

スポンサードリンク