社労士試験の過去問何年分まで遡るべき

当サイトでは、社労士試験対策の問題集は過去問のみを推奨しています。

その詳しい理由は他で解説しているので、ここでは『社労士試験の過去問は何年分やるべきか』という点について紹介しています。

過去問のみの件についてはこちらのノウハウでも詳しく紹介④問題集は過去問だけで十分!選び方 <6ヶ月で社労士試験に合格 準備>

 




スポンサーリンク


 過去問は何年分やるべき?

対策は過去問のみ!という点は分かるが、その過去問、一体何年分までさかのぼってやるべきなのか…

もちろん、個々の学習経験やレベル、更には学習する期間にもよりますが、私のように6ヶ月など、半年程度で合格を目指すなら、

最低でも5年分が必要かと思います。3年では不十分です。

 実体験から10年分を推奨

私は当初から予想問題、練習問題といった名称の問題集をやるつもりは一切無かったので、過去問10年分を徹底的にやりこみました。

社労士試験の特徴として、過去に出題された問題が繰り返し出題される傾向が強いですが、1~3年前に出題された問題ばかりではなく、5年以上前の問題が出題されることも珍しくありません。

5年以上必要…それは多いなぁ~と思うかもしれませんが、過去問の中には簡単な問題、完全に理解できてくるもあります。

繰り返し過去問をやっていくうちに、二度とやらなくても100%正解できる問題が出てくるので、やり込んでいけばどんどん省いていくことができますし、解答スピードも上がっていきます。

必然的に解く問題の量が減っていきます。

初学者だった私の場合は過去10年分でしたが、実際にやってみて『多すぎる…』という印象は全くありませんでした。

5年分だったとしても後半になるにつれて物足りなさを感じるだろうなと思います。

10年分だと最初は解く問題数が多いと感じますが、学習をトータルで考えると10年分をお勧めします。

10年分が正解!というわけではありませんが、実体験から10年分やっておけば安心感があるかと思います。

ただ、個々に学習レベルや期間、勉強できる時間も異なるので…「いやいや!私は5年分、7年分で十分!」と調整しても良いとは思います。

それであっても、繰り返しですが最低でも5年以上の過去問テキストを使用するようにしましょう。

 

 社労士試験対策 過去問題集を紹介(5年分以上)

過去問題集の掲載年数ですが、選ぶ問題集や講座によって異なります。

私が使ったのはTAC出版の過去問ですが、こちらは10年分あり、解説も詳しく分かりやすいです。

また、講義メディアで推奨しているフォーサイトも5年分あり、きちんとサポートが付いてくるので特に初学者におススメします。

以下では社労士の過去問テキスト&講座を比較しています(3年分の過去問は対象とせず、5年分以上を対象)

最低5年分、しっかりやるなら10年分、余裕が無さそうであれば7年分といった感じでしょうか。参考までに!

 よくわかる社労士

掲載年数:10年分
出版:TAC

 フォーサイト過去問講座

掲載年数:5年分
出版:フォーサイト

フォーサイトの過去問

eラーニング、模擬試験と法改正情報も同時に入手でき質問できるサポートもセット。過去5年分の本試験問題をすべて掲載。加えて過去5年より前の重要な過去問も選りすぐって掲載し、改正の影響を受ける問題は定期的に見直し。この点は大きいですね。詳しい解説付き、難易度や目安時間も分かり、付属する演習ノートを活用すればより実力アップに。費用は高くなりますが、市販の過去問と比べて効率性、サポート力はかなり高くなります。詳しい情報は以下の公式サイトへ↓↓

 みんなが欲しかった!社労士年度別過去問題集

掲載年数:5年分
出版:TAC

 詳解 社労士過去問題集

掲載年数:7年分
出版:コンデックス情報研究所

 勝つ!社労士受験必ず得点マークで合格ライン過去問題集

掲載年数:5年分
出版:山川靖樹の社労士予備校

 

スポンサードリンク