当サイトを運営しており、実際に6ヶ月で社会保険労務士(社労士)の資格を合格ラインまで上げることができたTomoです。

以前までアメブロで勉強方法などを公開しておりましたが、こちらに引っ越ししてきました。

より詳しい情報を紹介していきます。

 

私は大学卒業後、アパレル企業で長く販売員の仕事をしていました。

「アパレル販売員」の方はお分かりかと思いますが、アパレル販売は勤務時間が長く、自由に使える時間の確保が難しいです。

そんな中、

全くの知識ゼロ法律関連初心者の私が、

独学6ヶ月で社労士資格を合格ラインまでいくことができました。

 

合格ラインである70%に対して、

択一式は75%、選択式はなんと90%と、全体で8割の正解率です。

社労士試験は各科目が合格基準となる得点に達していることが必要ですが…8割以上正解しているのにも関わらず、たった1科目の選択式問題で!たった1点足りずで…泣きました。

運的な要素もありますが、これはハッキリと言えます。

6ヶ月で合格の知識を身に付けることは十分可能です。

そう、ハッキリと言えます…

 

実際の試験結果がこちらです。

社労士試験結果

 

選択式は40点満点中36点

択一式は70点満点中51点

 

余裕で合格ラインです。

 

勉強を始めたのがある年の2月末、社労士試験は毎年8月なので、わずか6ヶ月でこの結果です。

しっかりと集中して勉強できれば、平均合格率5%前後といわれる難関資格も合格できます。

これから社労士の勉強を進めていこうとしている方は、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

スポンサードリンク