2021年度対策社労士試安い通信講座

2021.2.17更新

ここでは、2021年度社労士試験対策(第53回)向けの通信講座で、2月の割引価格を対象に、受講価格が安い順のランキング形式で5つの講座を紹介しています。

初学、1,2回の受験経験がある初学向けの講座、単科は除き、あくまできちんと合格に必要な知識を身に付けることができる講座を対象としています。

講座選びの比較・参考にしてみてください。

※随時更新しますが最新の価格は公式サイトを参照ください。

 




スポンサーリンク


 2021年対策 受講費用が安い社労士通信講座 ※安い順

 フォーサイト 【バリューセット1】

受講価格:77,880円

フォーサイトのバリューセット1

バリューセット1は、基礎講座と過去問講座がセットになったスタンダードなコースで、合格に必要なインプット・アウトプット教材を一通りカバーできます。通常価格は103,600円ですが、まずはセット割引で75,800円まで割引、更に5,000円オフの割引クーポンを利用できるので70,800円で受講することができます。(税込77,880円)単科講座は51,800円で利用できますが、あくまで合格に必要な知識を身に付けることができる講座を対象としているので、最低でも基礎講座+過去問講座が必要かと個人的には思います。

◎教育訓練給付制度対象講座

 

 ユーキャン 【社会保険労務士講座】

受講価格:79,000円

ユーキャンの社労士講座

ユーキャンの社労士講座は、30年以上の開講実績がありたくさんの合格者を輩出してきました。150名の講師がサポートし、質問サービスや指導延長などのバックアップ体制も強いです。ユーキャンは割引キャンペーンを行わないので、通常価格で79,000円の受講料となっています。

◎教育訓練給付制度対象講座

ユーキャン公式↓↓

ユーキャンの社会保険労務士講座

 

 資格の大原 【社労士24】

受講価格:79,800円

資格の大原社労士講座

資格の大原で受講者が多い、時間の達人“社労士24”シリーズです。インプット講義が24時間で完結!講師による解説はデジタルコンテンツの活用により視覚的・直感的に分かりやすく動きを盛り込んだ講義映像を駆使し、提供する学習量はそのままに無駄を極限まで省いた講義となっています。現時点では割引制度は行っておらず、通常価格で79,800円の受講料です。

△教育訓練給付制度対象講座対象外

資格の大原 公式↓↓

社労士講座【資格の大原】

 

 クレアール 【一発ストレート合格パーフェクトコース】

受講価格:88,320円

クレアール

一発ストレート合格パーフェクトコースは、社労士受験がはじめての方や基礎学習が終了していない方が対象でクレアール独自の「非常識合格法」に基づき、合格必要得点範囲に絞った学習を行なえるよう、必要な講座がセットになったコースです。通常価格は192,000円ですが、今月中の受講であれば88,320円(税込)で受講することができます。

◎教育訓練給付制度対象講座

クレアール 公式↓↓



 

 アガルートアカデミー 【速習カリキュラム】

受講価格:113,960円

アガルートアカデミー

速習カリキュラムは、短期間で社労士試験を目指す方向けのスピード学習カリキュラム要点をおさえたスピーディーなインプットと,実践力をつけるアウトプットを軸とした構成となっています。時間をかけすぎないことで,全体像を意識しながら学習を進められます。通常価格は148,000円ですが2021年4月25日までの受講であれば30%オフが適用され、103,600円(税込1113,960円)で受講することができます。

△教育訓練給付制度対象講座対象外

アガルートアカデミー 公式↓↓

 

 まとめ

費用はもちろん重要ですが、やはり自分に合った講座で、尚且つ実績が高いところを選択しましょう。

私の経験ではフォーサイトを利用しました。受講費用が最もリーズナブルで、尚且つ初学でも分かりやすい解説で講義内容が非常に良く、いつでもどこでも学習できるeラーニングが役立ちました。忙しい方で、できるだけ安い通信講座で短期合格を目指す方はおススメです。

いずれの講座にせよ、まずは資料請求を行って実物をチェックしましょう。

今では公式サイトでも手軽にチェックできるところも多いです(゚д゚)!!

スポンサードリンク