総実労働時間・所定内労働時間・所定外労働時間について…

この点については、「労務管理その他労働に関する一般常識」の科目の”労働経済”のところで論点にされることがあります。

毎月勤労統計調査ですね( ゚Д゚)

こやつ…択一でも選択でも出てくる厄介なところです。

覚えにくく、単純ですが細かいので労一でやられる受験生も多いです。まぁ私もその一人ですが…

令和元年の調査結果も発表されており、今年度の令和2年度社労士本試験の出題範囲です。

 




スポンサーリンク


総実労働時間

今年度の出題範囲である、令和元年の総実労働時間は以下の通りです。

月間 : 139.1時間

年換算:1,669時間

具体的な数字を覚えることができれば良いですが、それより前年度より上がったのか、下がったのか等、どういった傾向なのか、という点は必ず押さえておきましょう。

ちなみに、総実労働時間は、前年と比較して2.2%減少しています。

また、7年連続で減少傾向で、初めて年換算で1,700時間を下回りました。

この点は今年の本試験で論点にされる可能性が高いので、チェックしておきましょう。

 

所定内労働時間・所定外労働時間・出勤日数

続いて、令和元年の所定内労働時間・所定外労働時間・出勤日数は以下の通りです。

【所定内労働時間】

月間 : 128.5時間

年換算:1,542時間

所定内労働時間については、前年と比較して2.2%減少しています。

 

【所定外労働時間】

月間 : 10.6時間

所定外労働時間については、前年と比較して1.9%減少しています。

 

【出勤日数】

18.0日

前年と比較して0.4%減少しています。

 

上下動向は押さえましょう

毎月勤労統計調査は、最近の試験では出題がありませんが、過去には何度も出題されています。

学習方法としては、具体的な数字より、動向をチェックしておくことが重要です。

前年度より上がったのか、

下がったのか、

これまでどういった傾向なのか、

という点は必ず押さえておきましょう。

総実労働時間・所定内労働時間・所定外労働時間は減少傾向で推移しています。

また、先ほど述べた通り、総実労働時間が初めて1,700時間を下回ったという点は重要です。

もちろん、労働経済の分野は様々な統計調査があるので、すべてを覚えることはハッキリ言って不可能です。

なので、過去に出題された部分、出題頻度の高いところにフォーカスして、数値の上下・推移などをチェックしておきましょう。

 

 

フォーサイトは全国平均の3.59倍の合格率(2019年度)フォーサイト受講者の合格率23.7%と、非常に高い合格率です。公式サイトもチェックしてみてくださいね(‘ω’)ノ

具体的な割引特典・教材・購入検討はフォーサイト公式サイトへ↓↓

 

 

スポンサードリンク