分冊

前回は、教材の準備について解説しました。

教材の準備と一緒にしなければならないのが、“分冊”の準備です。

分冊とは、「一つの書物を何冊かに分けること」を言います。

これから社労士勉強を進めていくわけですが、この分冊が非常に重要です。

分冊を進めるにあたって必要なものを解説していきます。

 




スポンサーリンク


分冊する意味とは

別記事でも流れを詳しく解説しますが、後で基本テキスト“を分冊します。

具体的にどうするのかというと、

テキストを切り取って、各科目別にファイリングをしていきます。

 

実際、私が分冊したのがこれです。

分冊

分冊

 

社労士試験は、以下の科目に分類されます。

・労働基準法
・労働安全衛生法
・労災保険法
・雇用保険法
・労務管理一般常識
・社会保険一般常識
・健康保険法
・厚生年金保険法
・国民年金法

 

テキストも各法律に章が区切られています。

1,000ページあるのでかなり重たく、ページをめくるのもちょっと困難、

そう、このままだと非常に勉強しにくい本なんです。

だから分けてあげます。

 

1,000ページもある基本テキストを分冊することで、

持ち運びが便利!

分野別に分かれてるので、各法律の勉強がしやすい!

気になる部分を見つけやすい

管理しやすい

など、様々なメリットがあります。

 

分冊は、分厚い本などボリュームが多い知識を勉強するときに使うテクニックです。

なので、入門編テキストのような300ページ程度の本には必要ありません。

少し作業がいりますが、必ずやっておいた方が良いです。

 

分冊に必要なもの

分冊するにあたって、以下のものを用意します。

・分冊用のファイルを4,5冊(2穴 テキストの大きさに合ったもの)

・パッチシール

その他、テキストを切り取るときに使うカッターナイフや、穴をあけるパンチが無い場合はこれらも用意します。

※パンチは2穴です。

 

チェックマーク2分冊用のファイル

私がおススメする、うかる社労士の基本テキストを使用する場合は、テキストのサイズがA5です。

それに合う2穴リングで厚みのあるファイルを探すのですが、これが意外と売ってなくて一番苦労しました。

で、探しに探して見つけたのが、無印良品です。

ネットでも購入できますが、在庫が無い場合もあります。※無い場合が多いです。。

無印良品であれば全国各地に店舗があるので、実際に見て購入しても良いと思います。

ちなみに私が買った、無印良品のファイルの実寸は、

(縦)22.3㎝ ×(横)18㎝ ×(厚さ)3㎝です。


無印良品じゃなくても良いですが、厚さは3㎝くらいのものを選びましょう。

ファイリングしていくとかさばるので、薄いと綴じることができません。

数は、4,5冊でOKです。

1つのファイルに2科目綴じるのがベストです。

例えば、1つのファイルに労働基準法と労働安全衛生法の2科目を綴じるといった感じです。

※ファイルはAmazonや楽天市場でも入手できますので、以下を参考にしてみてください。

 

チェックマーク2パンチシール

これは文房具屋、もしくは100円ショップに売ってます。

選ぶときの注意点があります。

できるだけ透明のシールを選んでください。

たまに白色のパンチシールもありますが、それはやめたほうがいいです。

テキストをパンチで穴をあけて、そこの穴に白のパンチシールを張ると、大事な文章が隠れてしまうことがあります。

なので、極力透明のパンチシールを選んでください。

ちなみに私が使っていたのがコクヨのビニールパッチです。

無い場合はアマゾンなどでも売ってます。

 

これで教材や分冊の準備ができると思いますが、次は教材の選び方のコツなども解説しておきます。

 

 

スポンサードリンク