今年の社労士試験が終わり、自己採点の結果恐らく残念な結果…

じゃあ来年はどうするのか…

受ける、受けない、約1年あるとはいえ、受験するのであれば知識が忘れない内に学習を徐々にスタートしていきたいところです。

ただ、なかなか踏ん切りがつかない場合もあるでしょう。

社労士試験の合格を本気で目指すのであれば、学習時間が必要になります。

一度経験した方なら分かると思いますが、多くの時間を費やす必要があります。

また1年間学習の日々を送るのか…と考えると、なかなかリスタートのきっかけを見い出せないかもしれません。

その再スタートのきっかけとして、

まずは今年学習した教材を整理してみるのも方法の一つです。

スポーツ大会の後の燃え尽き症候群…みたいな気分に陥っているかもしれませんが、

意外と身の回りの教材を片付けて整理してみると、気持ちがスッキリして前向きな気持ちになる方も多いようです。

整理しているうちに学習した内容も目にするでしょう。

悔しい気持ちもあり、『また来年も受けてみよう!』という気持ちが湧いてくるかもしれません。

試験に限ったことではありませんが、とりあえず一旦やり遂げたことに関して片付けをすることで、気持ちがスッキリして前向きな気持ちになったりします。

結果的にやっぱり来年はやめておこうとなっても、それはそれで決意できたことになるので決して悪いことではないと思います。

ですので、今年度の社労士試験の区切りとして、まずは教材を整理しながら思い返し、スッキリした気持ちで来年どうするのか決意すると良いかもしれません。

モヤモヤしたまま「これで良いのか」と日々を過ごすと、気持ちの切り替えが難しくなります。

教材整理を一つのきっかけにしてみましょう。

 

スポンサードリンク