2022年対策フォーサイトの模擬試験講座

社労士通信講座フォーサイトの2022年度対策の社労士模擬試験講座について内容や教材、価格等を解説しています。

試験対策も後半に差し掛かり、直前期対策が必要になってきます。その中の一つに「模擬試験」があります。

ぶっつけ本番では時間配分や試験形式に不安が残るので、前もって本番さながらの試験形式を体験しておくのが得策です。

 




スポンサーリンク


 フォーサイト2022年 模擬試験講座

フォーサイト模擬試験講座

フォーサイトの模擬試験講座は、「基礎レベル」「本試験レベル」の2種類の模擬試験がセットになっています。

試験範囲の学習が一通り終わっていない方も含めて、社労士本試験のレベルやボリューム、タイムスケジュールなどを体験できる講座となっています。

学習時間を効率良く進めていくために、実際の社労士本試験と同様の問題形式やレベル、ボリュームなどを肌で感じることができます。

 基礎レベルと本試験レベル

基礎レベルとは、本試験より易しいレベルの模擬試験です。最初はこちらからやります。

基礎レベルの結果から軌道修正を行い、本試験レベルにチャレンジします。本試験レベルは、本試験と同様のレベルの模擬試験です。

この2種類の模擬試験で、理解度の確認と試験対応力を身に付けることができます。

また、専門解答用紙、解答・解説がついてきます。

【専用解答用紙】本試験の用紙を再現しているので本番さながらの緊張感でのぞむことができます。

【解答・解説】別冊で解答と解説が各一冊付属していますので、身につく復習ができます。

 

 利用方法

自宅などでいつでもどこでも受験することができます。

フォーサイトの模擬試験は自己採点方式となっています。

日程を合わせて、受験会場へ行く必要はないので、都合の良い日に受験しましょう。

 

 こんな人にオススメ

◎ 初めて社労士試験に挑戦する方

◎ 本試験まで学習が間に合うか不安な方

◎ 本試験で時間が足りないか不安な方

◎ 学習に飽きている方

個人的には模擬試験は受験経験を問わず、すべての受験生が毎年受験すべきかと思いますが、中でも初めて社労士試験に挑戦する初受験の方は利用するべきでしょう。

試験時間内に間に合うかどうかの時間配分の確認、試験結果から学習の軌道修正、モチベーションアップにも効果的です。

 

 講座は2種類から

フォーサイトの模擬試験講座は、単科講座と直前対策講座が加わる講座の2種類から選択できます。

 単科講座

本試験より易しい基礎レベルと、本試験と同じレベルの本試験レベルの模擬試験がそれぞれ1回ずつ受けることができます。まずは基礎レベルから挑戦し、学習の軌道修正を行ったうえで本試験レベルに挑戦します。

【価格】10,800円(税込)

【送料無料

【教材内容】

・基礎レベル問題用紙【選択1冊・択一1冊】
・基礎レベル解答用紙【選択1枚・択一1枚】
・解答、解説 1冊(基礎レベル・本試験レベル)
・本試験レベル問題用紙【選択1冊・択一1冊】
・本試験レベル解答用紙【選択1枚・択一1枚】
・無料メール質問 3回

【補足】採点は自己採点形式です

 

 直前期集中応援セット(模擬試験講座+直前対策講座)

本試験の模擬試験講座と直前対策講座の5編すべてが付いてくるお得なセットです。直前期に徹底的に対策したい方にお勧めです。

【価格】64,800円⇒ 54,800円(税込)※セット割引が適用

【送料】送料は別途必要

【教材内容】

模擬試験講座

・基礎レベル問題用紙【選択1冊・択一1冊】
・基礎レベル解答用紙【選択1枚・択一1枚】
・解答、解説 1冊(基礎レベル・本試験レベル)
・本試験レベル問題用紙【選択1冊・択一1冊】
・本試験レベル解答用紙【選択1枚・択一1枚】
・無料メール質問 3回

直前対策講座

・特別テキスト 5冊
・eラーニング(一部)
・無料メール質問 15回

【補足】バリューセット2,3に付いてくる直前対策講座と同様の内容なので、模擬試験だけ受験したい方は「単価講座」を利用しましょう。つまり、バリューセット1の方、フォーサイトを受講していない方向けです。

2022年度対策の直前対策講座内容はこちらで詳しく

 

 教材の発送時期

模擬試験講座は、即日発送可能な状況ですので、受講後すぐに始めることができます。

直前期集中応援セットの直前対策講座は、7月下旬にかけて順次発送される予定です。

 

 模擬試験のメリットは?

 時間配分の確認

社労士試験は選択式80分間、択一式は210分の長時間ですが、選択式は1つの空欄に対して2分、択一式は1問あたり3分(1問につき5択あるので30~40秒)で解読する必要があります。なのでかなりタイトで忙しい試験です。一度も経験せずに本番を迎えるのはかなり不安なので、模擬試験で時間配分の確認を行うことができます。間に合わなければその時点で終了ですので、最低でもすべて回答できるようにしておきましょう。

 軌道修正・弱点発見

あくまで予想ですが、実際の社労士試験と同様の問題形式やレベル、最新の改正内容も組み込まれている試験ですので、結果から自分では気づかない弱点発見や学習の軌道修正にも大いに役立ちます。弱点は早期に発見して修正するのが得策です。7月までに受験しておけば、8月にかけて修正する時間が持てます。

 

 まとめ

フォーサイトの模擬試験だと単科でも利用できるので、いろんな方のシーンに合わせて使いやすいと思います。

しかも良いのが2種類あること…質問までできるサポート付なのでぜひおススメの模擬試験です。

直前期はやることが多く忙しいですが、フォーサイトのように自分の好きな時間にできる模擬試験なら時間を上手く使ってできそうですね。

社労士通信講座フォーサイト
具体的な模擬試験講座の内容・教材は公式サイトへ↓