2022.9.28更新
選択式(社一)救済各校予想まとめ)URL追加

2022年8月28日(日)に令和4年度(第54回)社会保険労務士試験が実施されました。受験された方、お疲れ様でした。

正式な合格発表は2022年10月5日(金)ですが、各スクールや資格講座等などでは解答速報が発表されています。

当サイトでも第54回社労士試験の選択式・択一式の解答速報・難易度・予想合格ライン・救済の可能性をまとめていますのでチェックしてみてください。

情報は随時更新いたします。

 




スポンサーリンク


 第54回 社会保険労務士試験 解答速報

チェックマーク2選択式

令和5年度社労士試験選択式解答速報

【問1】労働基準法・労働安全衛生法

A:(②)8月31日
B:(⑨)他の不当な動機・目的をもって
C:(⑦)甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるものである
D:(⑳)労働者の作業内容を変更したとき
E:(⑥)快適な職場環境の実現

労基労衛の詳しい解説

【問2】労働者災害補償保険法

A:(②)9
B:(⑦)290
C:(⑱)労働者
D:(⑲)労働者を使用するものがあること
E:(⑨)営業等の事業に係る業務

労災の詳しい解説

【問3】雇用保険法

A:(①最後の完全な6賃金月
B:(④)雇用保険被保険者離職票
C:(④)2,061円
D:(③)令和3年8月31日
E:(③)4,000円を超えない

雇用の詳しい解説

【問4】労務管理その他労働に関する一般常識

A:(②)2.3
B:(⑥)100人超
C:(⑰)ジョブコーチ
D:(⑪)継続が期待されていた
E:(⑮)従前の労働契約が更新された

労一の詳しい解説

【問5】社会保険に関する一般常識

A:(⑨)61.0
B:(⑱)配偶者
C:(④)15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者
D:(⑰)身体上又は精神上の障害
E:(②)6か月

社一の詳しい解説

【問6】健康保険法

A:(⑮)88,000円以上
B:(⑪)200以上
C:(⑩)180日
D:(③)10
E:(⑰)厚生労働大臣

健保の詳しい解説

【問7】厚生年金保険法

A:(⑤)開始した日の属する月
B:(⑯)終了する日の翌日が属する月の前月
C:(⑱)
D:(⑨)月額2万円
E:(④)65歳に達する日の前日

厚年の詳しい解説

【問8】国民年金法

A:(⑪)その障害の状態に該当しない間
B:(④)4分の3
C:(⑮)福祉を増進する
D:(⑰)理解を増進させ、及びその信頼を向上させる
E:(⑳)わかりやすい形で通知

国年の詳しい解説

 

チェックマーク2択一式

令和5年度社労士試験択一式解答速報

※健康保険法問6に関しては「正解なし」になる可能性あり

 

 解答まとめ

令和5年度社労士試験解答速報まとめ

各所で比較しても同解答でしたので、上記の予想解答が濃厚です

 

 講評・難易度・予想合格ライン・救済の可能性

 選択式

第54回社労士試験選択式科目別難易度

前年と比べて、全体的に難易度が極端に高かったり、易しかったりという科目が目立たず、むしろ得点しやすかったといえるレベルかと思います。(※昨年の労一のような奇問難問レベルは無かった)科目別の難易度でいうと、労働保険科目がやや難しく、社会保険科目が易しいといった感じです。

■ 労災・労一:やや難しい

■ 労基労衛・雇用・社一:普通

■ 国年:易しい~普通

■ 健康・厚年:易しい

受験者の正答率に特段の変化が無ければ、合格基準点としては昨年度と同程度の25点前後あたりの予想です。今回は救済が無い可能性もありますが、あるとすれば社一、次いで労一、更に可能性は低めですが労災や雇用を予想しているところもあります。

詳しく>第54回社労士試験【選択式】予想合格ライン・救済の可能性・難易度・講評まとめ

社一の救済の可能性【各校予想まとめ】

 

 択一式

第54回社労士試験択一式科目別難易度

極端に難しい問題は見当たらず国民年金法でも事例問題が無かったことは得点につながるポイントです。総合的に見て前年度より得点はし易かったのではと思います。労働保険科目はやや難しい感じがしますが、社会保険科目は易しいレベルでしたので総合得点は稼ぎやすかったでしょう。また、昨年はページ数が過去最高(68ページ)でかなりボリュームがありましたが、今年は64ページと減りました。

■ 一般常識(労一/社一):難しい普通

■ 労災:普通~やや難しい

■ 労基労衛・雇用・健保:普通

■ 厚年・国年:易しい

合格基準点は問題のレベルから見ると昨年度(45点)より下がる可能性は低く、46点以上と予想します。

救済は全体的に4点以上確保できるレベルなので救済無しの予想ですが、あるとすれば一般常識(労一・社一)が候補です。

詳しく>第54回社労士試験【択一式】予想合格ライン・救済の可能性・難易度・講評まとめ

 

社労士講座フォーサイト
毎年合格率が高く当サイトでも推奨
2023年対策の詳しい教材・割引価格・受講検討は公式サイトへ
↓↓

 

注意点

・解答速報はあくまで予想ですので、本試験の結果の合否を保証するものではございません。正確な解答は2022年10月5日の正式発表をお待ちください。
・解答に関する質問は受け付けておりませんのでご了承ください。
・転載・画像のコピー・使用はお断りしております。