社労士試験受験手数料返還について

重要な情報です。

社労士試験では受験手数料の返還は行わないことになっていますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、新型コロナウイルスに感染された方、濃厚接触者、海外から入国して自宅待機が解除されていない方、試験当日に体調が悪い方で、社労士試験を受験できなかった受験申込者については、必要書類を提出することにより、特例として今年度の受験手数料の返還ができることになりました。

ここでは返還までの流れや書類の書き方、留意事項等について解説しています。

 




スポンサーリンク


 令和3年度(第53回)社労士試験 受験手数料 返還について

 返還の対象者

コロナ感染症に罹患し、退院または宿泊療養等の解除が認められていない方

医師又は保健所等から濃厚接触者に該当するとされ、自宅待機の解除が認められていない方

海外から入国し、検疫所が指定した施設または自宅等での待機の解除が認められていない方

試験当日、発熱(37.5 度以上)や、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、咳を繰り返すなどの体調不良がある等コロナ感染症の感染の疑いがある方

昨年だとコロナ関連での受験手数料の返還はありませんでしたが、今年は流行が深刻な状況なため特例として上記の対象者は返還の措置があります。

 

 返還に必要な書類

受験手数料返還申請書(返還様式1)

キャッシュカードもしくは通帳のコピー

診断書等の証明書類

 

【キャッシュカード・通帳のコピーについて】

キャッシュカードもしくは通帳のコピーは、⾦融機関名、⽀店名、預⾦種別、⼝座番号、⼝座名義が分かるようにコピーします。

原則は受験申込者本⼈名義の⼝座を記⼊しますが、事情があり⼝座名義と受験申込者⽒名が異なる場合は、返還様式1に理由を記⼊します。

 

【診断書等の証明書類について】

【対象者①】新型コロナウイルス感染症に関する検査結果(陽性)が分かる文書等の写し(試験日前後2週間以内の日付のものに限る)

【対象者②】保健所等から濃厚接触者に該当すると連絡があった際に提示された文書の写し(試験日前後2週間以内の日付のものに限る)又は受験手数料返還申立書(返還様式2)

【対象者③】
入国時の検疫手続きで記入した健康カードの写し(検疫官の署名があるものに限る)又はレジデンストラックで入国した際に検疫所に提出した誓約書の写し

【対象者④】新型コロナウイルス感染症の疑い(発熱(37.5 度以上)や咳、だるさ、息苦しさ、嗅覚・味覚の異常等の症状)等に係る診断書(試験日前後1週間以内の日付のものに限る)

 

 返還書類の書き方

 返還様式1の書き方

返還様式1は返還を希望するすべての方が記入する必要があります。

社労士試験受験手数料返還書類1

・提出の日付を記入
・氏名、受験番号、住所、電話番号を記入(受験番号は受験案内や受験票に記載されている9桁の数字です)
・受験できない理由にチェックを入れる(上記解説した4パターンより)
・振込先口座情報を記入(名義はカタカナと漢字で記入)※振込口座情報に誤りがあると振込されないので何度も確認しておきましょう。

 返還様式2の書き方

この書類は対象者②( 濃厚接触者に該当している方)のみ使用する書類です。

社労士試験受験手数料返還書類2

・提出の日付を記入
・氏名、受験番号を記入(受験番号は受験案内や受験票に記載されている9桁の数字です)
・保健所の情報等を入力します。(保健所の連絡先、濃厚接触者として連絡があった日、保健所の担当者名、コロナ検査の実施日、健康観察期間)

 

 書類の入手方法

社労士試験オフィシャルサイトよりダウンロード・印刷ができます。↓↓

第53回(令和3年度)社会保険労務士試験に係る受験手数料の返還について

 

 書類の提出期限・提出先

【提出期限】令和3年 9月 22日(水)(消印有効)

【提出先】〒103-8347 東京都中央区日本橋本石町3-2-12 社会保険労務士会館 5 階 全国社会保険労務士会連合会 試験センター 受験手数料返還係

 

 提出方法

必要書類をまとめ、封筒に入れて郵送します。

ただし、大事な情報なのでポスト投函はNGです。

必ず簡易書留で郵送します。

 

 返還に関するお問い合わせ先

全国社会保険労務士会連合会 試験センター

電話 03-6225-4880(9:30~17:30 土日祝日は繋がらない)

 

 留意事項

● 必要書類到着後に審査が行われ、確認ができた方から順に受験手数料の返還が行われます。

● 必要に応じて電話照会等が行われる場合があります。

● 申請書確認から返還までに約1ヶ月半程度かかります。

● 受験手数料は申請書に記載された金融機関口座へ、振込手数料を差し引いた額が返還されます。

● 振込の開始及び終了については、 社労士試験オフィシャルサイトで案内があります。マメにチェックしておきましょう。

● 個別のお振込み日につきましては照会できません。

● 申請したが振込みがない場合、社労士試験オフィシャルサイトで案内予定の振込完了のお知らせを確認の上、社労士試験センターへお問合せを行いましょう。(全国社会保険労務士会連合会 試験センター電話 03-6225-4880 平日9:30~17:30)

 

まとめ

要するに、コロナ感染者、濃厚接触者、海外から帰ってきて自宅待機中の方、試験当日体調が悪い方は特例で受験手数料を返還するということです。

期限は9月22日まで、返還まで約1ヶ月半かかります。

手続きは至ってシンプルなので、返還の対象者で希望する場合、必要書類に不備が無いよう手続きをしましょう。

社労士試験オフィシャルサイトもチェックしてみてください。

社労士試験オフィシャルサイト

 

 

毎年高い合格率を誇る社労士講座フォーサイト
2022年度対策お得なバリューセット受講スタート↓↓

 

スポンサードリンク