令和3年度、第53回社会保険労務士(社労士)試験の選択式の平均点について、

ここでは総得点の平均点、科目別の平均点と難易度、昨年の平均点との比較を解説しています。

 




スポンサーリンク


第53回社労士試験 選択式 平均点

今年度の第53回社労士試験の選択式は、総得点24点以上が合格基準でした。

総得点の平均点は21.8点と、前年より0.9点下がる結果となりました。

平均点だけで見ると、難易度は昨年より高かったと言えます。

昨年は合格基準点が25点以上だったので、これについても平均点や難易度と比例しました。

科目別の平均点

第53回社労士試験選択式平均点

原則の各科目合格基準点である3点以上だったのが、労基労衛・労災・健保の3科目で、前年より1科目少なくなりました。

中でも労災と健保は、4点を確保できた方が最も多く、今年度では易しい科目です。

一方で、雇用・社一・厚年・国年は平均点が2点台、更に労一に関しては1.5点とかなり難しいレベルでした。

これにより、基準点引き下げの救済措置があったのが国年の2点補正、労一の1点補正がありました。

合格発表前から予想されていた雇用や社一の補正については、公式の救済ルールに当てはまらなかったため対象にならずでした。

 

合格基準点以下が多かったのは…

合格基準点に満たない2点以下の割合です。(0点~2点の割合)

・労基労衛:21.4%
・労災  :21.5%
・雇用  :40.2%
・労一  :82.8%
・社一  :44.0%

・健康  :31.8%
・厚年  :40.4%
・国年  :56.3%

補正科目である労一は1点以上、国年は2点以上であればクリアとなります。

2点以下が5割を超えてくると補正が入るため、予想されていた社一は44%、雇用は40.2%と満たないため救済の対象外となりました。

労一の2点以下が82.8%と衝撃の数字です…また、1点以下が50.8%に達して為1点補正が入りました。今年の労一はかなり難易度が高いと言えます。

国年は救済の予想をしていたところが少なかったですが、ふたを開けてみれば56.3%の方が2点以下という結果でした。

逆に労基・労衛と労災は約21%と低い割合でした。

 

昨年の平均点との比較

科目別の平均点、昨年との比較です。

第53回社労士試験選択式平均点昨年比較

※昨年より平均点が上がっていれば、今年は難易度が下がったことになります。
逆に昨年より平均点が下がっていれば、今年は難易度が上がったことになります。

労基労衛:昨年2.6点⇒今年3.3点 難易度が下がりました。

労災:昨年4.3点⇒今年3.3点 難易度が上がりました。

雇用:昨年3.9点⇒今年2.8点 難易度が上がりました。

労一:昨年1.9点⇒今年1.5点 難易度が上がりました。

社一:昨年2.1点⇒今年2.7点 難易度が下がりました。

健康:昨年2.3点⇒今年3.0点 難易度が下がりました。

国年:昨年3.0点⇒今年2.7点難易度が上がりました。

厚年:昨年2.5点⇒今年2.4点 難易度が上がりました。

全体的な平均点は、昨年22.7点⇒今年21.8点と、選択式としては全体的に難易度が上がった結果です。

 

毎年高い合格率の社労士通信講座フォーサイト
2022年度講座開講中
!お得なセット割引

具体的な割引特典・教材・購入検討は公式へ↓↓

 

スポンサードリンク