社労士試験予想第53回資格の大原

ここでは令和3年度(第53回)社労士試験について、

資格の大原の講評・予想合格ライン・予想救済科目等についてまとめています。

主な各スクール、通信講座等の講評・予想合格ラインなどは以下でまとめていますので参考にしてみてください↓↓

【第53回社労士試験】各資格スクール・通信講座の合格予想ライン・救済科目・平均点まとめ

 




スポンサーリンク


 資格の大原 講評・予想合格ライン・救済科目

 選択式試験について

 全体的な講評

全体としては難しいレベルでした。

(特に、労基・労衛、雇用、労一、社一が特に難しいレベル)

 予想合格ライン

資格の大原内での調査データより、前年の平均点との差から、今年度の選択式試験の合格基準点は24点以上を有力としています。※昨年(24点)より-1点

 救済科目

「労務管理その他労働に関する一般常識」が基準点の引き下げ(救済)の可能性があります。※2点以上

大原の調査データによると、2点以下が50%以上、1点以下が30%以上という得点分布なので、約8割が2点以下という結果です。約2割しか3点以上を獲得していないため、労一の救済が有力です。

 

 択一式試験について

 全体的な講評

全体としてはやや難しいレベルです。

(特に一般常識科目が難しい)

 予想合格ライン

資格の大原内での調査データより、前年の平均点との差から、今年度の選択式試験の合格基準点は25点以上を有力としています。

 救済科目

択一式については救済科目無しと予想しています。

 

 まとめ

【選択式】

合格基準点:25点以上

救済科目
 ● 労一 ◎

【択一式】

合格基準点:44点以上

※救済科目なし

 

より詳しい講評は公式サイトへ↓

【公式】社労士講座【資格の大原】

 

スポンサードリンク